お部屋をおしゃれにする|ここを見てセンスを磨け!《what would oakley do?》

リビングを広く見せる

 

リビングを広く見せたいなら低い家具を選ぶのが良いです!

 

背が低く足元があいた家具なら部屋が広く見えます。背の高い家具やどっしりとした重い家具、装飾過多なデザインの家具などは思いのほか、迫力が出てしまいます。少しでも広い印象のリビングにしたいなら、これらのものは避けた方が良いでしょう。広さを強調したいときはシンプルなデザインが望ましいです。そしてロータイプのものを選ぶことが良いでしょう。くつろいだ時の目線を低く抑えれば天井の高さがカバーできるし。壁面も多く広く見えるのでより開放的になります。

 

また狭いリビングには脚付きタイプのソファーや収納がお勧めです。家具と床の間にわずかでも隙間があると、床にピッタリくっついている場合よりも軽い印象になります。それだけで圧迫感が和らぐ印象になるのです。一般的に家具の量は床面積の3分の1いかが理想のバランスと言われています。例えば9畳のリビングだったら家具は3分の1までに抑えて、残り6畳分は床が見えているのがベストです。でも、実際に3分の1以下に抑えられるのは結構大変なものです。少しでも床が広く開いているように見せるためにも、脚付きの家具が効果的ということを覚えておくとよいでしょう。

 

リビングを広く見せる関連ページ

おしゃれなこたつ
お部屋をおしゃれにしたい・・・でもどうしたらいいの?